工作ブロック

初めまして、ヒロミと言います。このサイトでは自分の思っていることや毎日楽しく過ごすために工夫していることなど、楽しく書いていこうと思います。
さて、私が最近思うのことは、本屋さんに行くと年齢3~5歳用などと書かれた雑誌や工作ブロックがたくさんおいてあることに気づきました。
特に雑誌には、今テレビの放送中のヒーローやヒロインものの、作って遊ぶ付録がついていて、それを見てる子供は欲しがるんです。
この付録のものは、紙を何十にもプレスした集めのものを素材にして使ってあります。
でも、それって硬すぎて、子供の力ではうまくはめこめなかったり、、折れてしまったてとても作りにくいんです。
ないより、一度折れてしまうと、重ねてある紙がバラバラにはがれやすくなり作り直しがきかない。
まず、幼児一人の力では完成できないのは間違いないと思います。
添え書きにも、お家の方が作ってくださいと書いてある。
だから、忙しい時間をわざわざさいて、我が子のために作ってあげた。
そうしてやっとできた付録を子供が大喜びで遊んだのもつかの間、すぐに破けてのろぼろになってしまった。(>_<)
ドーッと疲れを感じたこの体験を忘れることが出来ません。
せっかく子供と一緒に工作をするのなら、型にはまったお仕着せの既製品ではつまらないですよね。
自分で書いたり色を塗ったり、切り取ったり貼ったりと創造力を働かせたオリジナルのものの方が、子供の成長にもずっといいし記念にもなると思うのは私だけかな♪
もうひとつの考え方をすれば、自分ひとりで作れるほうが達成感が得られて楽しい。手作りの喜びを知るのは、子供にとっても大事だから、すぐに破れたり、くちゃくちゃになってしまうような紙製の工作ブロックはすぐにゴミ箱行き。これって必要なの?答えを聞かせてもらいたいものです。

工作ブロック」への104件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。