住み替えリフォーム

住宅の購入から20年もたつと、子供の独立による家族構成の変化や建物傷みなどから住み替え、リフォームを検討する人が増えてきます。
ですが、手持ちの現金や退職金の多くを次の住まいに充てると老後の資金の生活でも資金が不足してくる恐れもあります。
そこで色々調べてみてわかったのが、今の持ち家を資産として活用する方法です。リフォーム資金の作り方として候補になるのが、自宅を担保にしてお金を借りるリバースモーゲージです。
これは最近になって大手や地方銀行で取り扱が増えているようです。リバースモーゲージはは老後の生活資金としてお金を借り、死後に自宅を売却して一括返済するという利用方法が知られていますが、家が残らないことに抵抗を感じて利用をためらってしまう人も多いものです。ですが、リフォーム資金として数百万円程度の手当てを考えるなら選択肢の一つとなると思います。死後に自分の死亡保険金や預金の範囲で返済できrうように準備しておけば、自宅や土地を売らずに遺族に残せるからです。リフォームローンを利用するのに比べ毎月の返済額の負担を抑えられるのは長所です。
これは利息を含めて死後に一括返済する方式と利息のみを毎月井原宇方式があるようです。
また、別の家に住み替える場合、今の自宅を活用して資金を作るには売ると貸すの2つの方法が考えれますが、売るよりは貸すほうがメリットが大きいように思います。何故なら今の日本の不動産市場では、築20年以上の建物の価値はほぼゼロとみなされていて、自宅を売っても土地の評価分にしかならないからです。例えば購入時4000万円だった字tカウを土地代だけの2000万円で売るとなると、どうにしも損をしたような気分になります。
その一方で、たとえ私のような千葉県の船橋にの地方都市でも家賃相場は東京の6割程度はあります。貸せる物件なら売るよりも貸して、定期的な現金収入を得たほうが有利でしょう。そんなこともあり、私は外壁塗装 船橋市でやることにしました。
不動産価格が相当高い地域ににあるのではない限りは、これまでの自宅は売却せずに資産活用に回すほうが良いように感じます。通勤や通学に便利な地域に家があるなら、若い世代に貸し出し、自分たちは地価が安い遠郊外に住み替えることを検討したほうが良いように思います。賃貸収入で新しい家のローンの返済を賄い、さらに数万円の余裕が生まれるケースもあるかもしれません。